国連加盟国                     193(バチカンなど一部の特殊な国を除いて、全世界の国家ほとんど)


死刑廃止国と存置国

法律上または事実上廃止国合計  140 (世界の国の7割強

うち、
全ての犯罪について廃止した国     102 (世界の国の5割強


憲法に死刑廃止の条文がある国:
カンボジア、ネパール、アンゴラ、アンドラ、フランス、イタリア、スウェーデン、メキシコ、コスタリカ、ニカラグア、パナマ、アルゼンチン(政治犯)、ボリビア、コロンビア、パラグアイ、スリナム、ウルグアイ、ベネズエラ

OECD加盟国で、死刑存置は、アメリカ合衆国と日本のみ

アメリカ合衆国(存置国)の内訳 ]
 
法律で存置:連邦政府、軍隊、31州

法律で廃止:ワシントンDC、19の州、自治領などは全部(プエルトリコ、グアムなど)
(うち違憲判決:カンザス)

10年以上執行が無い州:連邦、軍隊、7州
その内、事実上廃止
ニューハンプシャー
(70年以上執行していない)
軍隊(50年以上執行していない)
ノースカロライナ(法律で医師協力だが医師が拒否)


2015年に死刑を執行した国

世界全体: 25 (世界の国の1割強


地域別内訳

ヨーロッパ:0
 
オセアニア:0
 
アメリカ大陸(北米と中南米あわせて):1
 
アメリカ合衆国の6州(フロリダ、ジョージア、ミズーリ、オクラホマ、テキサス、バージニア)
 アメリカ合衆国の執行数は全部で28

アフリカ:5
(エジプト、チャド、スーダン、南スーダン、ソマリア)

アジア:19
(アフガニスタン、バングラデシュ、中国、インド、インドネシア、イラン、イラク、日本、ヨルダン、マレーシア、北朝鮮、オマーン、パキスタン、サウジアラビア、シンガポール、(台湾)、アラブ首長国連邦、ベトナム、イエメン)

その他:1
シリア(法的な死刑をアムネスティが未確認)


執行数が多い国

中国 以前から多いが2015年は特に多いらしい(正確な数が不明)。
少なく見て1000人以上、一説には4000人以上とも。(世界一)

イラン(977)、パキスタン(326)、サウジアラビア(158)も多い。


アメリカ合衆国の死刑制度の歴史

1847年以前に、死刑適用犯罪を減らす、死刑を廃止して復活など

1847年 ミシガン州が廃止
1853年 ウィスコンシン州で廃止
1887年 メイン州で廃止
1898年 
グアムで廃止
1899年 サモアで廃止
1911年 ミネソタ州で廃止
1917年 ヴァージン諸島で廃止
1929年 プエルトリコで廃止
1945年 北マリアナ諸島で廃止
1957年 アラスカ州ハワイ州で廃止
1964年 バーモント
で廃止
1965年 
アイオワウエストバージニアで廃止 
1972年 連邦最高裁が、合衆国憲法修正8条の残虐な刑罰で違憲という判決を出した。
・この判決を受けて、40州、死刑が無効、629人中断。
1973年 ノースダコタ州で廃止 
1976年 連邦最高裁が、死刑は合衆国憲法に違反しない、という判決を出した。
1981年 ワシントンDCが廃止
1984年 マサチューセッツ州、ロードアイランド州で廃止
1973~2001 DNA鑑定で96名が冤罪で釈放された
2004年 (連邦法で)冤罪者保護法、成立。(有罪判決確定後にDNA鑑定を受ける権利を保障)
2004年 ニューヨーク州で廃止
2007年 ニュージャージー州で廃止
2009年 ニューメキシコ州で廃止
2011年 イリノイ州で廃止
2012年 コネチカット州で廃止
2013年 メリーランド州で廃止
2015年 ネブラスカ州で廃止


残虐でないとして考案された薬殺刑(毒薬注射)も、
最近、残虐であるとして、問題になっている。

2015年
に、アメリカ合衆国で死刑判決が出た州:連邦裁判所と14州

日本の状況

確定者総数(死刑が確定して拘置所にいる人数) 126
確定者数(死刑が確定した数)          4
執行前死亡(確定後、執行とは別で死亡)      1
執行者数(死刑が執行された人数)        3

アジアの廃止国

(アジアは存置して執行してる国が多いので廃止国を書いた方が早い。アジア以外の地域は廃止が多い)

ロシア連邦(裁判所の決定で)、アルメニア、アゼルバイジャン、東ティモール、(香港)、(マカオ)、ネパール、ブルネイ(50年凍結)、カンボジア、ブータン、モンゴル、フィリピン、トルコ(復活検討中)

韓国(18年凍結)

ロシアトルコは、ヨーロッパとアジアにまたがっていますので、アジアの項目に書きました
香港マカオは国家ではありませんが、イギリスやポルトガル時代からの廃止を、中国返還後も維持しています。

世界で最初に死刑を廃止した国

(ギネスブックこの記録のページ )   ( ギネスブックトップページ(日本語) )
(トップページから「deah penalty」で検索をかけて4件HITのうちの1つ)
(日本語のページなのに、「死刑」で検索をかけると、なぜか、長寿の猫?????)

1798年 リヒテンシュタイン公国
(日本は寛政10年(江戸時代)。寛政の改革が終わったばかり)
(最後の執行は、1785年、
正式の廃止は、1987年)


 

今日まで続いている廃止、存置の状況について書きましたが、
日本でも、347年間、事実上、死刑を廃止していた(平安時代)。
ロシア
も、81年間、事実上死刑を廃止していた(一部の例外あり)(1744~1825)。その後も廃止と復活を繰り返す。現在は(裁判所の決定で)廃止

また、日本で、20年ほど前、3年4か月、死刑執行が無かった期間がある(1989~1993)