12月10日は世界人権デーです。



1948(昭和23)年のこの日、世界人権宣言が、、パリで行われた第3回国連総会で採択されました。
それを記念して1950(昭和25)年の12月4日の第5回総会国連総会で「人権デー」と定めました。


日本では、1949年(昭和24年)から毎年12月4日から10日までの一週間を、人権週間としています。


それで、法務省などが、啓発活動を毎年行っています。


ポスターとか、見ました?

今年の法務省のウェブサイトには、こう書いてあります。


みんなで築こう 人権の世紀

~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~


これを普通に読むと、「国民のみなさん、他人を思いやろうね」と読めます。


それって変?って思いましたか?


変です。


普通に「人権」という言葉を勉強した人は、違和感を感じるんです。


だって、人権って、もともとは、国家権力から自由を奪われた人が、国家権力は余計なことをするな(自由主義、自由権)、とか、弱肉強食では弱者が生きていけないから、はなんとかしろ(社会権)、っていう話ですから。


もちろん、現代社会で、国民同士が他者の人権を尊重しよう、っていうのは大事ですけど、それを国の機関(法務省)が、自分たちのことを言わずに言うのって、変でしょう?


国民に訴えるより前に、法務省や、検察庁、そして、他の行政機関全般に、人権侵害が無いか、をチェックすべきではないですか?

国連から、頻繁に指摘されている、日本国政府(行政だけでなく、立法、司法を含む)による人権侵害について、黙殺している場合ではないでしょう?


さすがは、自由権規約の第一選択議定書(国家による自由権侵害を国連の自由権規約委員会に、被害者である国民が訴えることができる、という内容)を締結していない、先進国の中では珍しい国のやることですよね?
その他の人権条約の選択議定書も締結していませんしね。 



障害者の人権とか、外国人の人権とか、っていうと、、なんか人権って、特別な立場の人だけに関係する話みたいじゃないですか。


違うの?って思いましたか?


違います
 

人権は、人間全員に日常的に関係する話なんです。


普段、人権侵害をされていないか、されていても慣れてしまって気づいていないだけなのです。


人権は、人間なら平等に誰にでも有る権利なのですから、

「人権が不当に制限される」
ってことは「人間扱いされていない」ってことなのです。



下に参考になるページのリンクを張ります。



世界人権宣言(外務省のページ)


自由権規約(外務省のページ)


自由権規約第一選択議定書(日弁連のページ)
(批准していないので、政府のページに無いのです)


法務省サイトの人権週間についてのページ